09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2010.04.09 (Fri)

最期のこと。

ぐったり・・・。

亡くなる前日のこと。
下半身の力が入らなくなってきたのか立ち上がりに時間が掛かったり
立ち上がれても踏ん張りがきかないような状態だったりしたけど、
それでも冷蔵庫の野菜室を開ける音を聞きつけてはキッチンまで来たし、
のんたんがトイレに行こうと部屋を出ようとすると慌てて立とうとするし
寝てても、ふと起き上がってのんたんの居場所を確認しに来たり。
のんたんのそばでウロチョロしたり、足元に居たり。
朝から元気は無かったんだけど、夜のゴハンもキチンと食べていました。

でも、22時過ぎ頃から自力ではほとんど立ち上がれなくなって
下半身を持って支えながらであれば少し歩けるというような状態でした。
その時は、病院で脳圧を下げる点滴さえしてもらえば回復する、
もしも、このままで寝たきりになってしまったとしても
それでもまだ介護しながら頑張れるんだと信じ込んでいました。

23時過ぎ、寝る前のトイレをさせようとした時にバロンは立ちました。
家の中でお漏らししたくないという思いがあったのかもしれません。
その時、のんたんはバロンの脳圧を下げるためのお薬を用意していたので
オカンがお庭に連れ出してくれ、トイレ場所まで行こうとしたんだけど
お庭に出たその場で踏ん張ったまま一歩たりとも動こうとしなかったバロン。
どうしようもなくなったオカンに呼ばれ、のんたんが出て行ってみると
バロンはのんたんの横をふらふらしながらも歩き、おしっこを済ませました。
のんたんが居ないことが不安で待っていたのかもしれません・・・。
この直後にへたってしまったんだけど、オカンと二人で立たせて
体を支えるようにしながら歩かせ、家の中へ入りました。

そして、いつも通りのんたんに鼻先を付けながらバロンは寝始めました。

   

亡くなる日の朝からのこと。

3時過ぎ、バロンの息の荒さに目が覚めました。
様子を見ながら、見守ることしかできずにいたんだけど、
一体どこにそんな力があったか・・・と思うような勢いで
クレートの中から飛び出してきたバロン。
入り口の前で横になってたのんたんは思いっきり踏まれました。

お水を飲み終えたバロンは窓際でへたり込み、
横になったままの姿勢でウ○チをしてしまったんだけど
その後、荒かった呼吸も落ち着きクレートの中で寝始めました。
クレートを飛び出した時のそのちから強さと
とても良い状態のウ○チに少しホッとしたのんたんでした。

4時半頃、また同じようにクレートを飛び出し、お水を飲んで、
最初はのんたんのお布団の上にへたり込んだんだけど
お尻だけをお布団の上からずらすようにしたバロン。
その直後、またたくさんのウ○チをしたんです。
のんたんのお布団の上だとわかっていたのかもですね。

それまでのウ○チは少し緩かったりしたんだけど、
この2回だけは、本当に良い状態のウ○チで
部屋の中でしてしまっても片付けるのは楽でした。

朝のトイレはオカンだけでも連れて行ける状態だったけど
ウ○チの状態は本当にゆるゆるだったみたいです。
それを考えると朝方2回のウ○チの状態が信じられない。
今思えば、お腹の中を自分でキレイにしてたのかもしれません。

次にお外に出した時もオカンだけでは動こうとせず、
のんたんが来るのを待っていました。

これまでの薬などの副作用で飲むお水の量が増えていたし
利尿作用もあって1、2時間に一度はトイレに出すようにしてたけど
その後、見る見るうちに自力では動けなくなり・・・
横になったままでおしっこをしてしまいました。
どんなにしんどくてもトイレだけはお外に出ようとしたバロン。
おうちの中でしてしまったこと、辛かっただろうね。

でも、脳圧を下げるお薬を用意すると自分で頭を起こし飲みました。
このお薬は自分にとって大切なモノだってわかっていたのでしょうね。

飲み終わると、横になり動こうとしないので
オカンに見ててもらい、病院へ行く用意をしました。
もう、起き上がらせることさえできない状態だったので
オカンと二人で車まで運びました。

病院へ行くまでの間ものんたんの姿をを確認したいのか起きようとするので、
『ねーちゃん、ここにおるよ』『大丈夫やから』『寝ててええんよ』
着くまでの約30分、ひたすらバロンに声を掛け続けました。


病院の駐車場にて。
この状態では待合室に連れていくこともできないし、
受付だけ済ませて、車で待つことにしました。

車に戻り、ハッチバックを開けてバロンの様子を見ると
横になったまま大量におしっこをしてしまったようでした。
してしまっても大丈夫なようにカーシートなどを敷いたり
マナーバンドの中に人用の尿パッドを挟んではいたんだけど、
それ以上に、してしまったようでした・・・。
濡らしたタオルやウェットティッシュなどは用意してたし
先生が来るまでには拭いたりブラッシングして、キレイにしました。

病院の駐車場にて。
しばらくすると先生が来てくれたんだけど、
その時にはほとんど動ける状態ではありませんでした。
まずは1日入院して脳圧を下げる点滴をすることになり、
翌日の午前中に迎えに行くことになっていました。

脳圧を下げれば回復すると思っていたし、
病院にいれば大丈夫、先生にお任せすれば大丈夫
そー思って、この日は面会に行く予定ではありませんでした。

でも、、夕方頃になってふと考えついたこと。
アイシャママに頂いた『薬膳ごはん』なら食べられるかも!と思い、
大好物のいちごとを持って面会に行くことにしたんです。

病院に着いたのは18時過ぎ。
バロンが入院している部屋は裏口のすぐそば。
車をとめたのがその裏口の真ん前だったんだけど
ん?バロンの部屋のドアが開いたまま・・・?
しばらく車の中で様子を見ていたんだけど
誰も戻ってくる様子もなく・・・。
慌てて受付に行き、面会を申し出ると
スタッフさんたち、何か様子がおかしかったんですよね。
『準備しますね』と言われたまま、いつもより待たされたし。
すると、先生が待合室ののんたんのもとへ・・・。

『実は今、急変しまして・・・』

何がなんだかわからないまま中へ通されると
検査室のベッドの上に横たわったバロンの姿が・・・。

朝、入院した時にはもうかなり血圧が下がっていて
処置をしても血圧は上がらなかったようです。
そして、のんたんが病院へ着いた、ちょうどその時、
バロンは急変し、意識を失ったようなんです。

このまま入院させても回復する可能性はゼロに近く、
それに入院したまま夜中に何かあって連絡をもらったとしても
もしかしたら、間に合わないかもしれないし・・・。

それなら家に連れ帰ってそばにいてやりたい。
最期は家族のもとで、看取ってやりたい。

先生も、支払いは後日いつになってもいいから
少しでも早くお家に連れて行ってあげてくださいと
のんたんの車が走り始めるまで見送っていてくれました。

意識のないバロンだったけど、
『お家に帰ろうね』『みんなが待ってるよ』
のんたんは家に帰るまで声を掛け続けました。

病院を出る時に家には電話をしておいたので
家に帰ると、家族が出迎えてくれました。


『バロン、おかえり』

バロン おかえり
バロンをお気に入りのベッドに寝かせました。
意識は無いものの、本当に寝ているだけのようでした。
23時頃、呼吸が不規則になってきました。
それでもバロンは頑張っていました。

『頑張ってくれてありがとう』
『もう無理しなくていいよ・・・』

のんたんはそうつぶやいていました。

バロンの呼吸が途切れるようになり
左胸に手を置くと、心室細動っていうのかな?
ものすごく細かく動いているのがわかりました。
ただ事ではないと感じ、オカンを呼びました。
しばらくするとどんどん弱くなり消えていくのを感じました。

おつかれさま・・・
23:50 バロンは動かなくなりました・・・。

『よく頑張ったね』 『大好きだよ』 『愛してるからね』 『ありがとう』

のんたんは何度も何度も繰り返していました。


ありがとう
↑穏やかなバロンのお顔を見てくださる方は
このワンコをクリックしてください。
見られないと思う方はクリックしないでくださいね。


あまりにも長くなってしまって
書いてることがメチャクチャしれません。
続きは後日書かせてもらいますね。



応援してくださったみなさん 今まで本当にありがとうございました
23:12  |  BARON  |  コメント(20)

Comment

(σ´▽`)σ【ポコプーさんへ】

ワンのために最後はお家でという考えだっていうことを
事前に先生からお話を聞いていたこともあったし、
あの時点ではもうこれ以上無理だったんでしょうね。
前日に連れて行ってたら・・・と考えたりもしましたが
今はお家で最期を看取ることができて良かったと思います。
初めての訪問でこの記事で・・・ゴメンなさいね。
メッセージを残してくださりありがとうございました。
のんたん |  2010.05.26(水) 20:48 | URL |  【編集】

(σ´▽`)σ【maroshさんへ】

バロンの穏やかな顔、見てくれてありがとう。
写真を載せること躊躇ったんだけど・・・
会ったことがある人たちや心から心配してくれた人たちに
こんなに穏やかなお顔だったってこと伝えたかったし、
そのことで少しでも安心して欲しかったから載せました。
バロンを看取ったあと、穏やかな表情に気付いた時は
お家に連れて帰って本当に良かったと思いました。
安心して、そして虹の橋のたもとへ旅立ったんだなって。
甘えん坊のバロ吉、いまもそばにいてくれるかな?
のんたん |  2010.05.26(水) 20:01 | URL |  【編集】

(σ´▽`)σ【じゅなさんへ】

バロンのこと知りたいと思ってくれてありがとうね。
上辺じゃなく、心配してくれる人たちの気持ち。
いつも伝わってきてたから更新しなくちゃと思ったんよ。
それに、バロンの頑張りを伝えたかったし、
こうしてキチンと読んでくれる人たちがいたから
のんたんもバロンも頑張ってこられたと思う。
病院についたその時に急変って・・・
偶然にには思えないすごいタイミングだよね。
バロンがお家に帰りたくてのんたんを呼んだんだって
のんたんもオカンもそー信じてるよ。
今までいっぱいいっぱい応援してくれて本当にありがとうね!
バロンの頑張りがみんなの何かになったら嬉しいわ。
のんたん |  2010.05.26(水) 19:51 | URL |  【編集】

(σ´▽`)σ【ノエルドッグさんへ】

バロンにとっても、のんたん家族にとっても
お家で最期を看取ることができたのは
本当に幸せなことだったのかもしれませんね。
あの日の夕方、面会に行ったことも
バロンがお家に帰りたくて呼んだのかも。
気持ちが通じてたとしたら嬉しいナ。・゚・(*ノ▽`*)・゚・
前向きに、そして笑顔で頑張ります!
のんたん |  2010.05.26(水) 19:41 | URL |  【編集】

(σ´▽`)σ【アイシャママさんへ】

笑ってるかのように見えるほど穏やかなお顔でしょ?
この写真、載せようかどうしようか悩んだんだけど
本当に穏やかなお顔だったから見て欲しくて・・・。
バロンのお顔を見てくれてありがとうね。
意識のあるうちに声を掛けたかったなって思うけど、
でも、意識がなかったから苦しまずにすんだのかもしれないし
そー思うと、お家で最期を看取れたことを喜ばないとかな。
うんうん、ぺったりくっついて甘えてて欲しいっ♪
のんたん |  2010.05.25(火) 22:02 | URL |  【編集】

(σ´▽`)σ【プーさんへ】

プーさん海岸で遊んだりしてるんじゃないかな?
もう一度連れて行きたかったんだけどね・・・。
でも、オフ会に参加できて本当に良かったよ。
みんなとの思い出ができたもんね!
あの海へ行ったら、バロンを思い出してやってね!
バロンが居なかったらプーさんとも出会えてないんだよね。
バロンやらんちゃん、ワンたちが居たから
こーしてみんなと出会えたんだよね。
今更ながら、ワンたちに感謝しなくちゃって思うよ。
プーさん&らんちゃん、今までいろいろとありがとうね!
のんたん |  2010.05.24(月) 23:06 | URL |  【編集】

(σ´▽`)σ【エトママさんへ】

本当はもっと早くに書こうと思ったんだけど無理でした。
この時も泣きながら、やっと書いた感じで・・・。
バロンの最後の一日、のんたんもそう思います。
この日を選んで、そして導いてくれたんだと。
家に連れ帰って看取ることができて本当に良かったです。
のんたん |  2010.05.24(月) 22:56 | URL |  【編集】

(σ´▽`)σ【チョッカーさんへ】

バロンの穏やかなお顔、見てくれてありがとうね。
あの日は面会に行く予定じゃなかったんだけど、
何か食べさせたいって思って行くことにしたんだよね。
のんたんが病院に着いたちょうどその時に意識を失くすなんて。
きっと頑張ってのんたんを呼んでたんだよね・・・。
そのおかげでお家に連れて帰ることができたし、
最後の数時間を一緒に過ごすことができたし、
最期を看取ることができたんだもんね。
今頃は元気に駆け回ってるんだろうな~。
のんたん |  2010.05.24(月) 22:23 | URL |  【編集】

(σ´▽`)σ【ヒデッチさんへ】

最後の最後までわがままをいうこともなく、
本当によく頑張ってくれたと思います。
最後の最後まで本当に良いコでした。
家に帰りたくてのんたんを呼んだのだと・・・。
最期を看取らせてくれたんだと思います。
のんたんとバロンにはしっかり思い出があります。
だから、のんたんはもう大丈夫だって
バロンも思ってくれてるんじゃないかな?
きっと自由を満喫してくれてると思います!
のんたん |  2010.05.24(月) 22:14 | URL |  【編集】

(σ´▽`)σ【みるきー☆さんへ】

正直言って、泣きながら書いていました。
でも、みなさんが心配してくれていたし、
ハッキリ覚えてるうちに書かなくちゃって思いました。
家に連れ帰ったバロンは意識がないままでした。
少しでも意識が戻ったバロンに会いたかったけど、
意識が戻らなかった分、苦しまずにすんだのかもしれませんね。
みなさんの心の中にいつまでも生き続ける・・・。
そう言ってもらえてバロンも喜んでると思います!
みるきー☆さん ありがとう!
のんたん |  2010.05.24(月) 22:06 | URL |  【編集】

はじめまして…
バロンちゃん、よく頑張ったね♪
楽しい思い出をたくさん残してくれたバロンちゃん。
「ありがとう」「愛してる」って、家族のみんなが言ってるよ♪
幸せなお家の子になれて、愛情一杯の生活、良かったね。
初めての訪問でこの記事では、やっぱり涙がとまりません…
心より、ご心中 お察しもうしあげます。

先代のダックス(享年4歳)が亡くなった時を思いだし
私は病院に最後まですがっていましたが…
オウチに連れて見取ってあげたかったな、と思いました。

今は悲しいけれど…楽しい幸せな日々の思い出を残してくれた
バロンちゃんのためにも、笑顔を取り戻せるよう祈っています。
きっとバロンちゃんも、そう思っているはず。

安らかなお顔していますもの…
闘病生活も終わったんだ。どこも痛くないし、苦しくないよね。
ゆっくりゆっくりやすんでね♪
ポコプー |  2010.04.14(水) 20:38 | URL |  【編集】

穏やかな優しい顔 安心してる表情
みんなが看取ってくれたからだね

バロンよく頑張ったね
今ものんたんにくっついて甘えているような気がするよ
marosh |  2010.04.12(月) 23:12 | URL |  【編集】

更新してくれてありがとう。。。
バロン君の事、知りたかったんだ、私。。。
のんたんさん、辛いときに更新してくれてありがとね。

バロン君、よく頑張ったんだね。
のんたんさんも、バロン君の急変の時に病院に行ったなんて、
偶然にしても、スゴイタイミングだよね。
きっとバロン君がのんたんさんを呼んでたのかもしれないよね・・・。

バロン君の写真、たくさん見せてもらうね。
いっぱい良い笑顔を見せてもらうね。


最後になったけど、バロン君、勇気を見せてくれてありがとう。。。
ゆっくり休んで下さい。。。
じゅな |  2010.04.11(日) 22:46 | URL |  【編集】

バロン君、家族に見守られ家で最期を迎えられたこと、安心してお空に逝けたと思います。
のんたんが夕方面会に行こうと思ったのは、きっとバロン君がそうさせたのだと思います。
二人の気持ちが通じていたんだよ。

辛いけど前を向いて歩こう・・・
バロン君も笑ってるのんたんが好きだったはず。
ノエルドッグ |  2010.04.10(土) 17:53 | URL |  【編集】

バロンくん、ほんとうに穏やかなやさしいお顔をしていますね。
のんたんちゃん、バロンくんのことを教えてくれてありがとう。
きっと今はのんたんちゃんにぺったりくっついて甘えているんだろうなぁって思います。

ちゃんとごはんは食べてる?
食いしん坊のバロンくんの分も食べなくちゃだめだよ。
アイシャママ |  2010.04.10(土) 02:37 | URL |  【編集】

バロン君本当に本当によく頑張ったね。
なでなでして抱きしめてあげたいよ。。。

今は痛みから解放されて、走り回ってるのかな?
大好きなねーちゃんの傍で寛いでるのかな?

最後は“ねーちゃん、僕を迎えに来て”って、
きっとバロン君がのんたんさんを呼んだんだね。
大好きなお家に帰れて良かったね。
大好きな家族と同じ時を過ごせて良かったね。

のんたんさんとバロン君の絆の深さやお互いへの思いやりなど。。。
傍で見ていて見習う事ばかりです。
私はとても素敵な出会いをしたんだなぁって思います。
のんたんさん、バロン君ありがとうね。
また笑って会えますように。





プーさん |  2010.04.10(土) 01:46 | URL |  【編集】

今、これだけのことを書くのは、
どれほど大変だったかと思います。
バロンちゃんの最後の一日は、
のんたんさんが、まるで全てバロンちゃんに導かれたようですね。
お疲れ様、最期の最期にのんたんさんの側にいられて
バロンちゃんは安心して逝けたことでしょう。
やすらかに・・・お休みなさい。
エトママ |  2010.04.10(土) 01:08 | URL |  【編集】

バロン本当に幸せそうな顔してるね
連れて帰って貰って良かったね
最後まで一緒に過ごせて良かったね
本当に穏やかな顔だね 
今頃はのんたんの周りを駆け回ってるかな?
49日までの間は ワンもそこに居るのかな?
きっとのんたんにありがとうと言ってるでしょうね!
これからは病気も痛みも苦しみもないから
ゆっくり楽しく過ごせるよね?
私も文章変かも知れないけど
バロンが本当に幸せな一生を過ごせたことは誰が見ても確信できるよ!!
チョッカー |  2010.04.10(土) 00:35 | URL |  【編集】

バロンちゃん、最後までよく頑張ったんですね。
ホントに決まりのいい子だったんですね。
バロンちゃん、ご家族に見守られて旅立って行ったのですね…。
今頃、お空でご家族の皆さんのことを心配しているんじゃないかな~?
バロン君、そっちの様子はどうかな~?
もう痛くないし、苦しくないし安心していっぱい楽しんでね!
ヒデッチ |  2010.04.10(土) 00:01 | URL |  【編集】

のんたん、一番辛い時期なのに、更新してくれてありがとう!

私が一番知りたかったこと、メールでも書いたけど
バロン君が苦しまずに逝ったのかということ、それがわかってよかったです。

バロン君は少し短い一生だったけど、のんたんの傍にいれて幸せだったと思います!

私や他の皆も、バロン君が頑張って病気と戦っていたことはずっと忘れないでしょう!

のんたんや皆の心の中でいつまでも生き続けているから・・・・・・・・・・


バロン君、一生懸命生きることを教えてくれてありがとう!

今はきっと虹の橋で元気に走ってるよね!

みるきー☆ |  2010.04.09(金) 23:38 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。